民俗音楽 中高年

中高年の趣味に、民俗音楽、フォークソングなどが人気

一時期、団塊の世代の方々が定年退職をして、退職後、どのように過ごすかが話題になった時期がありましたが、あらためて習い事をするという方が意外と多いですね。
仕事に追われてきた中高年の方が、趣味や余暇をどう過ごすかについて、前向きに考え始めているようでもあります。

そういった中高年の大人のかたが、最近、「習い事」を始めるのが流行で、年々増加傾向にあるそうです。
もちろん、身体によいとされる「スポーツ」や「ヨガ」もあるのですが、中でも音楽教室に通うと言うのが大人気なんです。

音楽教室に通い始めた人には、中高年の大人の方ばかりでなく、年齢、職業も、OLやサラリーマン、主婦の方など、定年退職した団塊の世代ばかりでなく、実にさまざまです。

もちろん、楽器や歌を以前から習ったことのある経験者ばかりではなく、初心者もたくさんいるそうで、ちょっと意外なところもあるそうです。

始めようとされる方のきっかけは、「昔からやってみたかった」「あこがれ、夢だった」「ストレス解消やリフレッシュに」さらには「自分探し、自己実現に音楽を」という人も多いようで、趣味や余暇の使い方を考える人が増えていると言うことですね。

最近話題になっているのが、特殊な楽器を使う「民俗音楽」などを習いたいという方が増えて、ニーズも高くなってきているようです。
民俗音楽を習いたいと言う方が増えているのには、「聴く音楽」の多様化がその原因に挙げられます。

従来のポップスミュージックに加えて、三味線などの古来の楽器による新しい音楽のヒットや、ビジュアル系奏者によるクラシックのヒットなどが、音楽のすそ野を広げ、「自分もやってみたい」という人が増えてきたようです。
女子十二楽坊の人気が出たことも、その一因ではないでしょうか?

音楽教室に通うと思うと、まず「楽器を用意しなくては」と、気になる方もいらっしゃると思いますが、昔とは違って、ほとんどの教室で生徒さんのレッスン用楽器を用意してくれているので、習いたいと思う人のハードルは低いです。

リバイバルとしての「大人の習い事で」、フォークギターの人気が上がってきています。習う方の主流は40代から50代の方で、70〜80年代に中学から大学生だった青春時代を思い出し、流行った曲を自分で弾き語りをしたい、という感じだそうです。

フォークギター教室ではそうした40代から50代の生徒さんの要望に応える形で、好きな曲のコードを覚えるレッスン内容となっているようなので、人気が特に出ているようです。
ストレスがたまりやすいと言われる昨今でもあり、こういった趣味や余暇の過ごし方を見直す中高年の方が増えてもおかしくはないですね。
民俗音楽などや、昔懐かしいフォークギターの音色は、心落着くものがあり、ストレス解消にも良いですね。

音楽 音符

楽器を演奏することは、まず音符を読むことから

楽器で何かしらの曲を弾くことができるようになると、とってもいいなと思っている人は多いかと思いますが、なかなかうまくいかないのが楽器の演奏でもあります。
どんな楽器でも必ず演奏する為には、基礎的なことがしっかりとしていないと仮にある曲を演奏できたとしても、他の曲を覚えて演奏できるようになるまでには、同様な努力が必要になりますね。

楽器を演奏の上達には、やはり基礎が大切だと言うことになります。
楽器を使い、曲を弾く時は「楽譜」を読むことが基礎であり、出発点でもあります。

そして、譜読みの基礎といえば、まず「音符」をおぼえることがとても大切です。

決して音符や楽譜をおぼえなければ、楽器を弾くことができない、というわけではないです。
しかしながら、曲全体を通して演奏する場合、途中でガタついたり、全体的なまとまりがなくなってしまうことなどが多々ありますから、音符をおぼえる必要が十分にあるのです。

楽譜を読むときのポイントとしては、音符を見て「階名を考える」のではなく、音符を見て「弾ける」ようになることをイメージして取り組まなくてはなりません。
「知識として音符を覚える」のではなく、「演奏用に音符を覚える」という意識がとても大切なのだそうです。

たとえば、最初から通してなら弾けるのだけれど、「曲の途中から」では弾けないという場合などは、毎日楽譜を見ながら練習してはいたのだけれども、実際には音符を「見て」いるだけで、「読んで」はいなかった、ということなのですが、見るのではなく読むと言うことが大切なのですね。

当然のことながら、どの楽器も「演奏」するために曲を覚え、曲を弾くために楽譜を読むわけです。

最初に覚える音符は、演奏に直結した右脳的な読み方、視覚的なイメージ付けをするとよりスムースに入っていけるので、良いのだそうです。

たとえばピアノを例に挙げてみますと、五線譜の上で「ド」の音符を覚えるよりも、「鍵盤のドの位置」を覚える、といった譜面そのものから楽器その物のイメージが直結する訓練法が、曲を奏でる上で、「音符を見る」のではなく、「音符を読む」ということになるようです。

音楽も音楽教室に通ったり、独学で覚え、楽しむと言った方法などいろいろとありますが、どのようなやり方にしても、1つの曲を演奏できる様になれば、喜びと達成感が味わえて、とても楽しいことですね。

楽器の演奏に関して、多少取り組む為のイメージの発端を書いたつもりですが、実際に楽器をてにしながら、一音一音を楽しみ覚えるところから、始められると良いとおもいます。
せっかく、習い始めたけれど、演奏することができずに、途中で投げ出してしまわない為にも、楽譜と音が楽器を介してしっかりとイメージがつながることが、まずは大切なことだと思います。

一眼レフデジタルカメラ

一眼レフデジタルカメラはどれを選んだら良いの?

昨今の一眼レフデジタルカメラの進歩には目覚しいものがありますね。
一昔前までは、一眼レフデジタルカメラの画素数は、600万画素クラスが多かったですが、昨今では普及タイプのものでも1000万画素に突入し、画質面での不満はほとんどなくなった感じがすると思います。

使い捨てカメラなどのフィルムカメラが画素数でみると800万画素はあるのですが、一眼レフデジタルカメラの1000万画素以上であれば、通常版サイズの写真ではフィルムカメラで取ったものとの判別はほとんどできないでしょう。
A4サイズに引き伸ばしてみても、それほど変わらないほど実に良く写っていると思います。

最近では画素数競争、価格破壊はひと段落して、手ぶれ補正やセンサーゴミ対策と言った付加価値で差別化、多様化して、消費者ニーズを掴もうとしていますね。

普及型の一眼レフデジタルカメラを比較すると、CCDなどの受光部で受けたデジタル部の性能向上とともに、ファインダーの見やすさや電源を入れてから撮影ができるまでの時間の短縮と言った操作性能など、カメラとしての使い心地を重視する機種が増えてきています。
一眼レフデジタルカメラの良さである質面の重視にメーカー側が移ったともいえます。

デジタル一眼レフカメラの価格が数年まえに比べて、はるかに安価になり、入門向けモデルなら、交換レンズをセットにしたキットモデルでも10万円以下の値段で購入できるのですから、大人の趣味としてもかなり身近になったともいえます。

さらに、一眼レフのフィルムカメラと同じ感覚で操作できる一眼レフデジタルカメラが増えた事や、値ごろ感の有るコンパクトカメラよりも作品性の高い写真が撮れる事などの理由からか、一眼レフデジタルカメラは好調な売れ行きなのです。

ボディだけで10万円〜20万円で購入できる中級モデルも、予算に余裕の有る大人にとっては満足感も含めて人気があります。

10万円以下で購入できる入門向けモデルでも、十分な性能と操作性が高く満足いく写真が撮れますね。

一眼レフデジタルカメラを比較すると、中級と入門モデルの違いは連写時に一度に撮影できる枚数の違い・カメラが自動でピントを合わせる速度・ファインダーからのぞいた画角とプリント写真の画角がどれだけ近いかなどでしかないので、これらに拘らなければ、入門モデルでも十分満足できる写真が撮れるということです。

入門モデルのなかには、撮影をアシストしてくれる機能が充実しているものもありますので、本当に初心者向けと言えるでしょう。

カメラを使用する目的に応じて一眼レフデジタルカメラを選ぶことが大切ですね。

一眼レフデジタルカメラの購入の際の比較ポイントを見てきましたが、いかがでしょうか?
1000万画素クラス以上で入門モデルでも、撮影対象によっては中級並みの写真が撮れ、満足のいくものが多いです。
大人の趣味としての一眼レフデジタルカメラが、より一層普及している中において、手軽に写真撮影ができるようになったことは本当に嬉しいことです。

一眼レフデジタルカメラ

一眼レフデジタルカメラの撮影のコツ

今日は、一眼レフデジタルカメラ撮影の仕方について、少しかいてみようかと思います。
最新型の一眼レフデジタルカメラには、手ぶれ防止機能が付いているものがほとんどですが、構え方一つで綺麗に取れるのであれば、きちんとした構え方を知っておいたほうが得ですね。

まず、電源を入れたり切ったりすることが以外と多いので、まず電源スイッチの位置を確認しましょう。
電源スイッチが入れにくかったりして、シャッターチャンスを逃すことも多々ありますので。

次に撮影する時の正しい姿勢を覚えましょう。

普通のデジタルカメラと比較すると、一眼レフデジタルカメラは重量がかなりありますので、シャッターを押した際に初心者の方はときどきブレたような写真となることが多いです。

これはデジタルカメラ、フィルムカメラにかかわらず、カメラはきちんと固定したうえで撮影する必要があるのですが、手ぶれ防止機能が付いてない場合などは、重量の重みからシャッターを押した際にカメラがぶれてしまうからです。

撮影の瞬間に、知らず知らず手ブレを起こしていると言うことなんですね。

カメラがしっかりと両手で動かない様に固定した状態の正しい構え方を身につけることで、ちょっとした指先の力加減での失敗も防ぐことができます。

手ブレの場合などは、両脇をしっかりと締めて自分の体に密着させて撮影すれば、ほとんど解消することができるはずです。

正しい構え方は、まずは左手にカメラ本体の真下を乗せ、右手でカメラ右側のグリップの部分をしっかり固定して握り、人差し指はリラックスさせてシャッターを軽く押せるようにします。
一眼レフデジタルカメラを購入する際に、右手でカメラのグリップを握ってみて、握りやすいものを選ぶことも手ブレ防止には大切ですね。

手に余るようですと、手ブレを起こしやすいでしょう。

ところで、カメラにはファインダーという、被写体をのぞく小窓がありますよね。

このファインダーを自分の眉にぴったりとあてて、ファインダーを覗き込むようにし、脇をしっかりと締めた両手と顔の3点で、カメラを固定するようにするのです。

脇をしめると、カメラ本体の動きと身体との間に一体感が生まれますので、手ブレの心配がなくなると言うわけです。

縦にして撮影することもあるかと思いますが、基本的に同じようにして撮影してください。

また低い位置から撮影するときは片ひざを地面につけるとよいでしょう。
機種によっては、モニターがフリーアングルになるタイプのものもありますので、低い位置からの撮影が多い方などには、お薦めですね。

どんな位置でも、基本的には自分の体が動かないように気をつけて、カメラと身体が一体となっている状態で撮影すると手ぶれが防げます。

そして、シャッターボタンを深く押す前に、一度半押しをしてピントを合わせるのが、上手な撮影のコツです。

軽く押した状態にすることを半押しといいます。

軽めにシャッターボタンを押すと、途中でボタンの動きが止まる部分があり、その状態でとどめることですね。

カメラがいったん撮影モードや露出、彩度ほか、さまざまな情報を判断している状態になっています。

半押しをしたあとは、そのままカメラを動かさないでシャッターを深く押してください。これで、ブレないでしっかりと撮影ができます。

一眼レフデジタルカメの機種によっては、かなり重量のものがあります。
軽いもので本体が450gくらいで、これにレンズの重量が加わるわけですから、片手間にシャッターを押すようですと手ブレ撮影になりがちになります。
最新機種であれば手ブレ防止機能が付いてきますが、それでも一眼レフデジタルカメラでの撮影ですから、カメラとの一体感を持って撮影することで、手ブレを防止できますし撮影の楽しみも増えます。
正しい構え方で、素敵な写真を撮りましょう。

一眼レフデジタルカメラ

一眼レフデジタルカメラを選ぶなら1000万画素以上で!

大人の趣味と言われる中でも、一眼レフデジタルカメラを使っての写真を撮るのは、今とてもブームになってきていますね。
一眼レフデジタルカメラの造りのよい高級感や、写真をとるための技術的なものは大人の趣味にぴったりと言える満足感を与えてくれますね。

ところで、一眼レフデジタルカメラにもいろいろな種類がありますからどれを選んだら良いか迷ってしまう方が多いかもしれませんが、初めての購入なら、初心者向け機種を選ぶのが無難でしょうか。

手に余らない程度で持ちやすく、本体があまり大きくないもの、そして操作が分かりやすいものが、おすすめです。

本体が大きくなると重量も増えますので、持ち歩くのに不便となり、三脚などとあわせて持ち歩くとなると、かなり機動性が損なわれる可能性があります。

例えば操作がややこしい機種は、積極的に使ってみようという意欲もなくなってしまうかもしれませんので、できるだけ優しいものが良いでしょう。

フィルムカメラのフィルムの役割をする「CCD」と「CMOS」はある程度大きいものが良いでしょう。

「CCD」と「CMOS」は、デジタルカメラの心臓部にあたり、レンズを通った光を電気信号に変換する部分なので、特に重要な判断箇所でもあります。

カタログなどで「600万画素」とあるような表示を画素数と言います。

画素と言うものが「CCD」や「CMOS」にある、光を感知するための小さな“点”を意味しその点の数を表しています。

一枚の「CCD」や「CMOS」に“点”つまり画素が多いほど、より高画質になります。

初心者の方でも、できれば1000万画素以上を目安に選んでおいた方が、無難だと思います。
一眼レフデジタルカメラの中には、600万画素からのものがありますが、写真をA4サイズ以上に引き伸ばすことも考慮すると、600万画素あたりでは少々役不足な面もあります。

“点”のサイズもさまざまあり、“点”のサイズが大きなCCDやCMOSを搭載しているカメラの方が、写真の画質が高くなります。

“点”の数と大きさが画像の質を決めることになります。

もう一つ重要なことは、初心者の方は「手ぶれ補正機能」のついている機種を選んでください。

この機能はカメラ本体についているものが良いです。
レンズについているものがありますが、レンズについている機種だと、違うレンズに変えたときに手ブレ補正機能が失われてしまいまので、本体についている機種がよいです。

だいたいの一眼レフデジタルカメラの購入基準を設けてみましたが、参考になりましたでしょうか?
フィルムカメラと比べるとデジタルカメラの良いところは、本体はもちろんですが、レンズ自体の良さを十分に引き出せるようになってきているところです。
中級者以上の方なら、レンズの質の良いメーカーも参考にしてから、決めてみるのも良いですね。

一眼レフデジタルカメラ

一眼レフデジタルカメラの魅力とは何?

誰でも簡単に綺麗に取れると言うことで、デジタルカメラが大変売れていて、中でも大人の趣味の一つとして、一眼レフデジタルカメラは大人気です。
フィルムカメラの全盛の時代、一眼レフカメラは、今よりももっと高級なイメージの趣味とされました。
しかし、低価格でフィルムカメラに負けない画質で撮れる一眼レフデジタルカメラが、各社より販売され始めて、人気に拍車がかかったようです。

ところで、一眼レフカメラとは、単一のレンズを用いて、実際に撮影されるイメージをファインダーで確認することができるカメラのことですね。

一眼レフの「レフ」というのは、ドイツ語で「レフレックス」、つまり「反射」という意味なんですよ、知っていましたか?

一眼レフデジタルカメラは、本体に内蔵された鏡の反射を利用して、ファインダーからのぞく被写体と、レンズに映る被写体がほぼ同じもの見えるようにしているわけです。
基本的な構造は、以前の一眼レフフィルムカメラと同じです。

普通のデジタルカメラでは、本体に鏡は内蔵していませんから、見たままの画像を撮影したいと思うのなら、一眼レフデジタルカメラが適していると言えるでしょう。

もちろん、デジタルカメラはフィルムを使用しませんから、フィルムの枚数による制限が無いのがいいですよね。

デジタルカメラは撮ったその場で、背面モニターから画像の確認ができるのですが、今ではそれが当たり前のようにもなっています。

画像が必要なければどんどん消して次を撮って行く。
無駄が少なくてすみますし、失敗を恐れずに撮影できるところなど、デジタルカメラの最大の利点ですね。

フィルムカメラと違って、現像と焼き付けがいらないのが魅力の一つ。

パソコンに取り込むことで大きくして見ることができますし、デジタルで劣化しない画像をたくさん保存したり、加工もできますね。

特にパソコンに取り込んでの加工は、文字を入れたり、色味を調整したりするといった今までにない楽しみがあり、デジタルカメラで撮ることの最大の魅力の一つです。

画素数が100万を超えるような一眼レフデジタルカメラのデータなら、フィルムカメラと遜色なくプリンターで綺麗にプリントもできます。
また、A4サイズなどに大きく引き伸ばしてプリントしたり、人にプレゼントするにも簡単で便利ですよね。

一眼レフデジタルカメラは、通常のデジタルカメラと比較して、本体は大きく重たいですが、操作性や画質で優れている点が最大の魅力です。

もちろん、レンズは取り外し式で自由に交換できますし、撮影目的に応じて多くの種類の中から選べるのも大きな特徴の1つと言えますね。

基本的にレンズは別売ですが、低価格モデルの多くはズームレンズが付属するセットモデルを用意しており、パッケージを買ったらすぐに使い始められるのが魅力です。

ざっと、一眼レフデジタルカメラの人気の秘密とも言えるさわりをまとめてみましたが、大人の趣味として一眼レフデジタルカメラは、今後更に人気が高くなることは間違いないですね。
何と言っても、フィルムカメラに勝るとも劣らない画質へと変貌しているのが、嬉しい限りではないでしょうか?

プライバシーポリシー

本ウェブサイトのプライバシーポリシー

本ウェブサイトのプライバシーポリシー

クッキーおよびWebビーコンについて

本ウェブサイトにおいては、クッキー(Cookie)又はWebビーコンと呼ばれる技術を使用しているページがあります。クッキーとは、Webサイトが皆様のコンピュータのハードディスク上に置かれたブラウザのクッキー・ファイルに転送する文字のみの情報の連なりであり、これによりWebサイトは利用者を識別できるようになります。クッキーには通常、クッキーの送信元ドメインの名称、クッキーの「寿命」に加え、1つの値が格納されています。通常、この値はランダムに生成されたユニークな数です。クッキーの使用は業界の標準となっており、多くのサイトで、カスタマーに有益な機能を提供する目的でクッキーが使用されています。クッキーにより、カスタマーの使用するコンピュータは特定されますが、カスタマー個人を特定できるわけではありません。また、Webビーコン(クリアGIFと呼ばれることもあります。)は、特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術です。
当サイトにおいて、以下のような場合にクッキーを使用することがあります。
利用者ごとにカスタマイズされたサービスを提供するにあたり、利用者の利便性を考慮しクッキーを使用することがあります。このクッキーは、利用者がカスタマイズされたページへアクセスしたとき、またはログインするときに設定されます。
本サイトを利用する利用者数を計るために使用する場合があります。
掲載された広告についてもクッキーを使用する場合があります。

クッキーの無効化と有効化

ブラウザの設定を変更すると、クッキーの受け入れ可否を選択できます。また、ブラウザのクッキー・フォルダに保存されているクッキーを削除することもできます。ただし、クッキーを無効化したり削除すると、当社サイトで一部の機能が使用できなくなることがあります。ご利用のブラウザでクッキーを無効化したり削除する方法がご不明な場合は、ブラウザのヘルプ機能で「クッキー」を選択し、詳細を確認してください。

<<前の10件  1 2 3 4  



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。