陶芸

陶芸の材料の種類は、本当にたくさんあります

陶芸でまず重要なものと言えば、原材料である土だと言え人は、陶芸を良く知っている方ですね。

一口に土と言いましても、その種類は本当に様々あり、用途に合わせて選ぶには、それなりの経験や技術が必要になるのです。

それで、陶芸の材料として使われる練り土ですが、白練り土・赤練り土があります。

色で選んだり、粘土分が多くて扱いやすいもの、薪窯用、荒土等々あり、陶芸でどんなものを作るかによって、練り土を選ぶには、かなりの経験が必要となるのです。

たとえば、志野土手ろくろ用、志野黄色基礎土は、混合用基礎土として使われています。

志野白色基礎土も、混合用基礎土として使われていて、焼き締りが良いようです。

また、信楽白基礎土、信楽グレイ基礎土、信楽赤基礎土、信楽黒基礎土なども、基礎土として良いです。

鋳込み土・ビスクドール土、食器用土、化粧土、これらは板状に良いのです。

鋳込み泥製造よう、つち練機をとおして業務用に使用されます。

カリオン、耐火度調整剤、陶土用分散剤、石膏なども必要になります。

また、透明基礎釉薬、還元用、酸化用、釉薬を調合する為の原料・化学薬品、合成灰・天然灰・抗菌剤、釉薬撥水剤・釉薬抜き剤、釉薬硬化剤、水濡れ防止剤、釉薬垂れ防止、絵の具増粘剤、下絵用高温絵の具、色土用還元高温絵の具、色土用酸化高温絵の具、下絵転写紙、上絵の具、低鉛、有鉛和絵の具、メタリックカラー、金液、ラスター、イングレイズ、エスバニア顔料、溶剤、フラックス、筆、等々あります。

これら陶芸の材料を専門店に問い合わせると、その種類は本当にたくさんあり、ここで紹介するにはとても難しいほどの種類があり、その用途も多種多様にあります。

また、陶芸の材料は初心者向きのものから、専門家、業者向けのものまで多種多様にあります。

どのように陶芸を楽しむかの目的を明確にすることで、陶芸の材料も決まってくると言えます。

もし、陶芸を楽しむ目的がはっきりとしていないのであれば、専門家のアドバイスをいろいろと聞いてみることが一番良いことだとは思います。

陶芸

様々にある陶芸用品

陶芸の魅力は様々ありますが、陶芸に使われる道具においても、いろいろなものがあり、想像していたものより遥かに多数ありますので驚くと思います。

陶芸作品によって、その使われる用品は本当にいろいろありますので、陶芸用品について調べてみました。

成形小道具(彫塑べら・かきべら・特殊へら・柄こて・特殊こて・カンナ・ポンス・型抜き・印花・切糸・切弓・たたら板・延べ棒・たたき板・木ぐし等)

粘土小道具(かめ板・粘土板・粘土吸水盤・粘土ふるい、トレイ・鋳込み用石膏型・手押し用石膏型・鋳込み成形用品)

施釉・絵付小道具(ふるい・柄杓・釉かけはさみ・比重計・釉薬保存容器・霧吹き・乳鉢・絵具皿・スポイド・筆・上絵付け用小道具)

焼成小道具(カーボランダム棚板・ムライト棚板・L型支柱・とち・サヤ鉢・あるみな・ゼーゲンコーン・ノリタケチップ・熱電対・窯用温度計・窯補修用品・グラインダー)

粘土(各産地の粘土・窖窯用の粘土・御影土・磁器土・カラー粘土・特殊粘土・オーブン粘土・補修用粘土・陶紙・石膏・耐火度調整剤・練り込み絵具)

ろくろ(手ろくろ・小型電動ろくろ・大型電動ろくろ・機械ろくろ)

窯(小型電気窯・中型電気釜・大型電気窯横扉式、上扉式・小型灯油窯・中型灯油窯・大型灯油窯・プロパンガス窯・都市ガス窯・温度制御装置・窯付属用品)

その他の機械(常圧式土練機・真空式土練機・タタラ成形機・ひも作り機・ポットミル機、ミル・粉砕吹付けブース・コンプレッサー・攪拌機・秤・その他)

釉薬(粉末釉薬・液体釉薬・耐熱釉薬・楽焼釉薬・基礎釉薬・化粧泥)

釉薬原料(土石類・天然灰、合成灰・含鉄土石類・釉薬溶媒剤・着色剤・糊剤、溶媒剤・撥水剤、水漏れ防止剤・ガラス粉)

下絵付けよう絵具・上絵付け用絵具等々あります。

自分の目的や規模に合った用品を選ぶようにすることが大切です。

初心者の方であれば、まず、陶芸教室で一日体験をして見たり、陶芸教室に通うのがやはり一番でしょう。

そういった陶芸教室などを通して、様々な必要な用品を選ぶと、間違いが少ないと思います。

陶芸

七輪陶芸で陶芸家の仲間入り!

自宅で陶芸ができるとなると、何か自分が陶芸家にでもなったような気分になり、楽しくなって来ます。

今、陶芸を趣味とする人が本当に多くなっています。

陶芸というのは、やはり、山奥で1人籠もってもくもくと土と格闘すると言うイメージがありますが、自宅でできるとなるとオシャレな感じがとてもします。

一口に自宅で陶芸をすると言いましても、自宅用の陶芸窯にはさまざまな種類があります。

大きく分けて電気・灯油・ガス・薪・炭 使う用途によって異なるので、間違ったものを購入しないように気をつけなければなりません。

それでは、細かく見ていくことにしましょう。

まず電気には、小型電気釜・中型電気釜・大型電気窯横扉式・大型電気窯上扉式。

灯油には、小型灯油窯・中型灯油窯・大型灯油窯。

ガスには、プロパンガス窯・都市ガス窯。

一般的には、電気窯が多いようですが、本格的な雰囲気を味わうなら七輪陶芸というものもあります。

七輪陶芸について、いくらかご紹介します。

七輪陶芸をするのには、まずは七輪が必要となりますが、DIYショップなどで市販されている一般的な丸いもの十分です。

金属製の七輪は止めておいた方がよいでしょう。

七輪陶芸において、炭の燃える温度が1300℃以上になりますので、材質は一般的な珪藻土である方が良いです。

次に、七輪の中に入っているもので、炭が下まで落ちないようにしているすのこ状のものがありますが、これは予備を用意しておくと良いでしょう。

高温になると割れてしまうことがあるからです。

炭は一般的なもので十分に使えます。

火ばさみがあると、陶器の焼き具合を見たり、炭を七輪の中に入れる時などに便利で安心です。

七輪陶芸のポイントとしまして、炭が燃えて火の温度の上昇が早いと失敗しますので、注意が必要です。

また、直接、陶器を火に当てたりすると割れる原因にもなるので、気をつけましょう。

ちょっと味気ないですが、フライパンなどを使って、陶器を焼くという方法もあります。

温度が上昇してきた陶器を、徐々に火に近づけるために金網を使うと言うのも便利かと思います。

そして、素焼きの時にアルミホイルで包んで焼くというのも良い方法でしょう。

陶器を焼く時の難しい点は、温度の急激な変化に陶器が耐えられなくなり、割れたり、ひびが入ったりなどがあるということです。

また、七輪の火の温度を高める為に、ドライヤーで送風してやりますと、1300℃を超える温度になるので、これもポイントでしょう。

七輪窯なら2,000円くらいからありますので、一番手軽に自宅窯をもてます。

七輪陶芸、一度試してみると病み付きになる面白さがあります。

あなたは、どんな自宅窯を持ちますか?

七輪陶芸に関して、もっと知りたい人はこちらの本はいかがでしょうか?
さらに、七輪陶芸の楽しみが分かっていただけるかと思います。

陶芸

陶芸の通信講座は繰り返し学べるので、集中してできます

大人の趣味として人気のある陶芸ですが、陶芸を習うのに教室に通う他、通信講座という方法もあるようです。

陶芸教室が近くにないとか、遠くて通うのに大変な場合などは、通信講座で自分のペースで自由に学ぶというのは便利なやり方ではないでしょうか?

手取り足取りでないと不安な人には、あまり向いてないかもしれませんが、多少なりとも陶芸をかじったことのある方なら、通信講座で学ぶというのはありだと思います。

通信教育で陶芸を習うにあたって、家に居ながら自分の空いている時間、場所で陶芸を習う事が出来るというのは便利な反面、どの講座を受けるのかを自分にあったものを選ばなければなりません。

講座の受講内容の一例を上げてみますと、家庭用オーブンでも簡単に焼くことができるオーブン陶芸というものがあります。

ぐい呑みや香炉を実際に創りながら、ひも作りやロクロなど本格的な成形技術を学んでいくので、より高いレベルを学びたい人にも向いています。

陶芸の通信講座は、様々ありますので、自身の陶芸技術のレベルがどれくらいなのかということも考慮して選ぶ必要があります。

通信講座によっては、陶芸家、陶芸教室インストラクターになると言った道もあります。

受講内容としては、粘土の特性、各種機材の使い方、セッティング・形成技法・土の伸ばし方、切り方、反らせ方・乾燥のさせ方、絵付けの方法・収縮差の把握・焼き方等、通信講座用オリジナルDVDを見るだけですぐ授業が始められ、繰り返しDVDを見ることで分からない部分を復習できます。

まるで、プロ講師からのマンツーマンレッスンを受けているかのように、効率よく学ぶことができるでしょう。

繰り返し映像を見ることで、プロのテクニックが分かりやすいと思います。

使用器具の説明、作業の時間などこと細やかに収録している点なども良いです。

陶芸を初めてスタートする方に対応した教材キットはもちろんのこと、授業で使用する教材はすべてセットされているので、全くの初心者でも安心してスタートできます。

スターターキットの中身としては、DVDセット・オリジナルテキスト・サブテキスト・陶芸スターターキット・添削課題・課題返信用封筒などです。

費用は初心者コースで60,000円程度のところが多いです。

標準学習期間は3カ月くらい、2週間に1レッスン 全6レッスン、添削回数は3回というのが標準です。

また、講座によっては、受講期間終了後、期間延長があるところもあります。

参考までに講座の内容を挙げてみましたが、講座によってはいろいろと差がありますので、よく講座内容を調べてから、あなたの目的趣向にあった講座を見つけることが大切だと言えます。

陶芸の通信講座に興味が湧いてきませんですか?
もくもくと1人で土と格闘しながら、自分の目指すイメージを実現していくと言うのは、本当に楽しいものです。

陶芸を趣味とする人が多いと言うのも分かるような気がします。

陶芸

陶芸教室で土と格闘して自然な自分を見つけてみましょう

陶芸と聞くと、何か高尚の趣味であるように感じますが、陶芸教室などで一日体験教室などに参加してみると、陶芸の楽しみがよく分かると思います。

全国各地で、陶芸教室が開かれていますので、一日体験教室があったら、試しに参加してみましょう。

全国各地にある陶芸教室とは言うものの、通う為には、まず、あなたが通いやすい地域でどのような教室があるのかを調べる必要があります。

陶芸教室を選ぶ基準としては、
1.陶芸が全くの初心者の人でも、丁寧にマンツーマンの指導で安心して陶芸を始められること。

2.かたちづくりから釉薬かけまで、最初から最後まで自分の手で陶芸を作ることが出来ること。

この二つの基準を満たしているだけでも、かなりの達成感を味わえることでしょう。

初心者の方でも安心して、楽しく制作できるように、無理のないレッスンをしていただける教室であることは、陶芸を始めて長く楽しむ上で必須なことでしょう。

大概の教室では、初心者コース・中級コースというようにレベル分けをして、各自にあった教室が用意されているようですから、レベルがあがることによって陶芸の楽しみも深まることでしょう。

教室によりますが、教室に通う人たちの作品の展示会などを開催して、レッスンを通して作成した作品の楽しみや、励みにしていただいている所もあるようです。

陶芸教室のレッスン内容についても、しっかりと調べて置くのも良いでしょう。

それから、特に大切なことの一つである費用を調べなければなりません。

教室によって様々ではありますが、入会金5,000円程度・月謝5,000円程度・材料費1,500円程度からといった、安いところもあるようです。

教室によっては料金に差があり、あまりに高額だと感じるようですと、通うことが義務のようになってしまうので、自分に負担なく楽しめる料金のところを選ぶのが良いでしょう。

また、陶芸教室に通う上で、どのような陶芸用品が必要なのかも知っておく必要があります。

一般的にな注意事項として、土をいじる陶芸の作業にふさわしく、また汚れても良い服装、エプロン、汗を拭く為のタオルなどを準備しておけば、衣服に関してはだいたい大丈夫でしょう。

また、長い爪やネイルアートなどは爪に粘土が入るため、できればしっかりとつめを短く切っておくことが必要となります。

陶芸教室にて、通う前によく確認しておくと良いですね。

あなたに合った教室は見つかりそうですか?

仕事で忙しい毎日を忘れて、土と向き合って自然の癒しの時間を過ごして見ることをオススメします。

きっと新しい自分が発見できることでしょう。

私が住む愛知県にもいろいろと陶芸を楽しめる教室がありますが、愛知県は瀬戸物で有名な瀬戸市の愛知県陶磁資料館の陶芸教室が、安価でコースも様々ありオススメです。
愛知県陶磁資料館のホームページアドレス↓
http://www.pref.aichi.jp/touji/

陶芸

旅行ツアーなどで陶芸を始めてみましょう

以前から、中高年の人を初めとして、陶芸を趣味としている人はたくさんいましたが、最近、更に流行となっているようです。
陶芸品を集める人、実際に自分で陶芸品を作ってみようとする人など、その趣味の内容は様々です。

陶芸の楽しみを知りたければ、やはり自分で作ってみることが一番と言えるでしょうから、陶芸を始めて見てはいかがでしょうか?

陶芸を始めるには、陶芸教室・陶芸サークル・通信教育など、いろんな方法がありますので、自分にあったものを選ぶのが良いですね。

ちょっとお勧めなのが、陶芸体験が出来る教室・サークル・窯元また陶芸体験を売りにした旅行ツアーでして、旅行を兼ねての陶芸の楽しさを知ると言うのは面白いです。
まずは、土に触れ合うところから始めるのが何よりも馴染みやすいでしょう。

ちょっと例を上げてみますと、
・てごねからロクロを使い、コーヒーカップ、皿、茶碗などを作るのにインストラクターがついて、60〜90分程度の1,500円程度のコース。
・一日ゆっくりと堪能したい方ですとか、大作創りを希望する方には3,000円〜5,000円程度のコース。
・陶芸+お食事の3,000円程度パックコースなどは、人気です。
・ちょっとだけ陶芸に触れてみたい方にぴったりなぐい呑を作るコース、1,000円程度。
・陶芸教室とお土産がセットになったお得なパック、2,000円程度のコース。

一人で始めるのも良いですが、何人かのお仲間と一緒に、体験から陶芸を始めて見ると言うのも良いでしょう。
体験で創作したとは言え、世界にひとつだけの自分の作品に納得されるのではないでしょうか。

気軽に始められる陶芸ではありますが、注意事項があります。
それは衣類が汚れるということと、爪が長い人などは爪の間に土が詰まることがあることです。

陶芸をする際には、気軽な服装、もしくは、どうしても気になる方はエプロンを用意すると良いでしょう。
それから、長い爪や立体的なネイルアートをしている方は、爪が作品にひっかかったり、粘土が爪の中に詰まってしまう事もありますので、爪をしっかりと切って短くしておく必要があります。

大きく、この2点に注意して陶芸に取り組んで見ましょう。

日本各地に焼き物のを行なっている場所がありますように、陶芸は人気があり全国に教室も沢山ありますので、自分に合った所を見つけて、まずは、第一歩を踏み出して見ましょう。

陶芸を通して、自分を見つめなおしてみると言うのもありかも、、、

陶芸

陶芸の魅力は、実際に土に触れて見ること

中高年の趣味と言えば、やはり代表的なのが陶芸ではないでしょうか?
陶芸品を集めるコレクターの趣味はもちろんのこと、実際に自分で作る陶芸も趣味とされる方が多いですね。

その陶芸の魅力とは何でしょうか?

陶芸の魅力、それは土に触れることだと言えます。

子供から大人に至るまで、冷たい土の感触を楽しむのは、昔も今も代わりがなく、ふしぎと心が落ち着きますので、日本人はやはり農耕民族だとも言えるのでしょうね。

手で土をこねたり、ろくろを回したり、柔らかい土はどんな形にも生まれ変わらせることができるところが、この土いじりの楽しみともいえます。

土の素材は、陶器として、とても手に優しくなじみ、かつ、使い勝手のよさがたくさんの人たちに好まれていますね。

陶芸の材料の土には、いろんなものがあります。
作るもの、自分との相性などの土選びも、陶芸の楽しみの一つでしょう。

焼くための窯についても、薪、電気、ガスと様々あります。
そして、焼き温度の違いで陶芸の出来も違ってきますが、焼き温度が高いと、壊れにくく耐久性も高い陶磁器を作ることができるなど、それぞれの楽しみ方があり魅力の尽きないところでしょう。

陶芸の魅力は、想像力を働かせて何もない所から作っていく楽しさであり、百人いれば百とおり、これが正解なんてものはないと言う、自分の個性を表現できる手段として、飽きさせない魅力があります。
いろいろな考え、いろいろな想い、いろんな答えが多種多様にあるんですよね。

自分の思いのまま、自分だけの作品でコーヒーやお茶、ちょっと想像しただけでも楽しくなりませんか?

料理を作るのが好きな人なら、自分の作る料理に合ったイメージの食器などを作るのはいかがですか?
オリジナルの陶器を作る喜びと料理を作る喜びは、共通する部分もあると思います。

自分自身のオリジナル溢れる世界にひとつしかない作品が出来上がる楽しみ、表現できないものですね。

日本では、約1万2000年前のものと思われる土器が、日本で発見されているのをご存知でしょうか?
この土器は、世界最古だと言われております。

こんなことからも分かりますが、日本人は陶芸が好きなのであり、日本の陶芸の歴史の長さは、世界でも有名なのです。

日本の陶芸の歴史を見ますと、中国や朝鮮の影響を受けたものから始まっていて、紀元4〜5世紀にろくろと窯を利用した技術が、全国的に広がり始めたようです。

縄文時代、弥生時代の昔から、千変万化のやきものの伝統を受け継ぎ、創造することの楽しさ。
このような陶芸の魅力に触れてみるのはいかがでしょうか?

陶芸の魅力は、実際に土に触れ、作ってみないことには、分からないかもしれませんね。ただ、その魅力の虜になって、趣味としている中高年の方は多いです。


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。