ベリーダンス 衣装 教室

ベトナムで流行している妖艶なベリーダンス

経済発展が著しい社会主義国家ベトナム

その首都ハノイで、ベリーダンスを楽しむ女性が、新しい自己表現の形として話題となっている。

ベリーダンスがハノイに伝わったのが2年前だと言うから、わずかな間で瞬く間に、ベトナム女性の心を捕らえたことになる。

ハノイには、6つの舞踏スクールが生まれ、1000人を超えるハノイ女性がレッスンを受けているようだが、ベリーダンススクールに通う女性は、学生、会社員、ジャーナリストから警察官と非常にさまざまであり、その広がりが伺える。

社会主義のベトナムにおいて、このように開放的なベリーダンスが流行するようになっていることは、社会の急速な変化を物語っているといえるだろう。

取材をきっかけにベリーダンスにはまったというジャーナリストのフォン・ジャンは、「ベリーダンスのおかげで、自信が高まり、ベリーダンスは、エロチックで刺激的で、日常とは別世界」だと笑顔で話す。

しかし、ベトナム人のすべてが、ベリーダンスを歓迎したわけはなく、ベリーダンスを踊る女性たちは、父親や夫やボーイフレンドに、ベリーダンスの魅力をしっかりと理解してもらう必要があったようだ。
 
大学でマーケティングを学ぶグエン・キュー・チンさんは、ベリーダンスを踊るために、ボーイフレンドを説得したようである。

露出度の多い外国映画や水着姿の美人コンテストなどには厳しい取り締まりをするベトナム政府、しかし、ベリーダンス・フェスティバルについては、理解を示し、ゴーサインを出した。

ベトナム政府のこの姿勢は、ベリーダンスを芸術と認めていて、ベトナムは本当に変わって来ていることの証明だろう。

ベリーダンス 衣装 教室

ベリーダンスはフィットネスとして人気急上昇

中高年の間で、余暇を楽しむ目的でダンスが流行しているようです。
私の家の近くでも、公民館を利用したり、小学校の体育館を利用したりして、たくさんの中高年の方がダンスを楽しんでいるようです。

ダンスはもともと、民族舞踊が元になっているようで、エジプトや中近東のアラブ諸国のなかには、何千年もの間、民族舞踊として親しまれ、踊られてきたものが多数あります。
ベリーダンスはその中の一つであり、「ベリー」とは「腹部」のことで、踊りを見たアメリカ人がお腹の動きが印象的だったので「ベリーダンス」と呼ばれるようになったと言われています。

かつては王宮に仕える女性達が、国王の娯楽の為に踊られて来たという歴史があります。
ベリーダンスの大きな特徴としては、チョリと呼ばれるボレロや、ヒップスカーフなどのきらびやかな衣装をまとい、愛情、哀しみ、喜びなどを表現する幻想的でエキゾチックなオリエンタルな踊りです。

エジプト、トルコ、オリエンタル、トライバル、ゴシック、ニューエイジなど、その地方によって踊りのスタイルも様々で、衣装も様式も少しづづ異なっているようです。

ベリーダンスの特徴の一つである腰や腹部を微震動させる「ラアシャ」という特有の動きは、かつて砂漠の民がテントの中で踊っていた際にステップが踏めないことにより、腰をくねらせて踊ったということが起源であり、女性特有の魅力を醸し出しています。

1970年代にベリーダンスは、アメリカで大ブレイクし、その後日本等のアジア諸国、ヨーロッパ諸国へと広まり始め、現在、ベリーダンスを楽しむ女性は世界中に広まっています。

ベリーダンスはフィットネス面でも効果を発揮します。
普段動かさない肩・腰・お腹を動かす踊りなので、骨盤周辺を中心に全身の血行がよくなり、女性らしい魅力的なボディラインを作り出すようです。

ベリーダンスは素足で踊りますので、始めるにあたって特別に用意するものはありません。
ただ、ベリーダンスは他のダンスと比べますと、衣装も独特で、踊り手の「個性」が色濃く反映されるダンスでもあります。

ベリーダンスを習うのでしたら、ダンススタイルなどについて、自分の憧れに近づけるダンス教室を選んだ方が良いでしょう。

ベリーダンスの教室としまして、東京の原宿にあるアーランジュが有名なようです。
アーランジュのホームページアドレス↓
http://aalanju.com/index.html

ベリーダンスの踊り手としましては、海老原美代子さんがとても有名で、たくさんの生徒を輩出しています。
ベリーダンス海老原美代子のホームページアドレス↓
http://www.bellydance.jp/


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。