音楽 音符

楽器を演奏することは、まず音符を読むことから

楽器で何かしらの曲を弾くことができるようになると、とってもいいなと思っている人は多いかと思いますが、なかなかうまくいかないのが楽器の演奏でもあります。
どんな楽器でも必ず演奏する為には、基礎的なことがしっかりとしていないと仮にある曲を演奏できたとしても、他の曲を覚えて演奏できるようになるまでには、同様な努力が必要になりますね。

楽器を演奏の上達には、やはり基礎が大切だと言うことになります。
楽器を使い、曲を弾く時は「楽譜」を読むことが基礎であり、出発点でもあります。

そして、譜読みの基礎といえば、まず「音符」をおぼえることがとても大切です。

決して音符や楽譜をおぼえなければ、楽器を弾くことができない、というわけではないです。
しかしながら、曲全体を通して演奏する場合、途中でガタついたり、全体的なまとまりがなくなってしまうことなどが多々ありますから、音符をおぼえる必要が十分にあるのです。

楽譜を読むときのポイントとしては、音符を見て「階名を考える」のではなく、音符を見て「弾ける」ようになることをイメージして取り組まなくてはなりません。
「知識として音符を覚える」のではなく、「演奏用に音符を覚える」という意識がとても大切なのだそうです。

たとえば、最初から通してなら弾けるのだけれど、「曲の途中から」では弾けないという場合などは、毎日楽譜を見ながら練習してはいたのだけれども、実際には音符を「見て」いるだけで、「読んで」はいなかった、ということなのですが、見るのではなく読むと言うことが大切なのですね。

当然のことながら、どの楽器も「演奏」するために曲を覚え、曲を弾くために楽譜を読むわけです。

最初に覚える音符は、演奏に直結した右脳的な読み方、視覚的なイメージ付けをするとよりスムースに入っていけるので、良いのだそうです。

たとえばピアノを例に挙げてみますと、五線譜の上で「ド」の音符を覚えるよりも、「鍵盤のドの位置」を覚える、といった譜面そのものから楽器その物のイメージが直結する訓練法が、曲を奏でる上で、「音符を見る」のではなく、「音符を読む」ということになるようです。

音楽も音楽教室に通ったり、独学で覚え、楽しむと言った方法などいろいろとありますが、どのようなやり方にしても、1つの曲を演奏できる様になれば、喜びと達成感が味わえて、とても楽しいことですね。

楽器の演奏に関して、多少取り組む為のイメージの発端を書いたつもりですが、実際に楽器をてにしながら、一音一音を楽しみ覚えるところから、始められると良いとおもいます。
せっかく、習い始めたけれど、演奏することができずに、途中で投げ出してしまわない為にも、楽譜と音が楽器を介してしっかりとイメージがつながることが、まずは大切なことだと思います。


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。