大人の高級な趣味は、セカンドライフの楽しみ > パワーストーン > パワーストーンは浄化すると復活

パワーストーン

パワーストーンは浄化すると復活

パワーストーンと言いますと、何かしらのエネルギーをくれたり、幸運をもたらすことを考えますね。

ところが、それだけがパワーストーンの良い面ではないのです。

身に付けていますと負のエネルギーを吸収してくれるところなのです。

その負のエネルギーを更に放出するのが『浄化』です。

浄化の方法には幾つかありますので紹介します。

窓辺などで石に一晩ほど月光浴をさせる方法で、どのパワーストーンにも使えます。

月光浴させる際は、水晶のクラスターの上に置くようにします。

この方法は満月の時に行うのが一番です。

なぜなら特に満月の光が強力なエネルギーを与えるとされているからです。

また、自然乾燥させたホワイトセージの葉などのお香を立てて、煙を石に浴びさせるという方法もあります。

この方法も大抵の石に使えますが、長時間燻すと石が曇る場合がありますので注意が必要です。

午前中の太陽光を石に当てるという方法もとても簡単です。

陽の光が強ければ30分程度、弱ければ1〜3時間程度を当てると良いです。

この方法で気をつけなければいけないのは、石の劣化を早めるので最低限にしましょう。

アメジストやインカローズ等は、光に弱いので陽の光に当てる方法は向かないです。

細く流した流水に1〜3時間程度石をさらす方法。

容器に少量の自然塩と水を張り一日浸すと言った方法もあります。

ターコイズや琥珀等のパワーストーンは水に弱いので、水を使っての浄化は避けるべきでしょう。

いろいろな浄化方法でも、塩による浄化は最も強力な方法です。

容器に自然塩を敷いてその上に石を一晩置いておきます。

より強力に浄化したい場合は、自然塩を更に多めに敷いてその中に石を埋めて一日そのままにて置く方法です。

この方法は強力ですが、オパールなどの塩に弱い石には向かないです。

この他、石を布で包み土の中に埋めておく方法。

音叉・ヒーリングミュージックなどを石に聞かせて浄化するといった方法もあります。

それぞれ一長一短がありますが、石の特性を見極めて浄化しますとより良いでしょう。

通常、浄化をするのは購入当初にまず行い、その後は1〜2ヶ月に1度くらい行うようにしたら良いです。

その他では、あなたが必要だと思ったタイミングで行うのが良いです。

浄化も自分の感性で行うと、より愛着も湧くのではないでしょうか?

<<たくさんの種類のパワーストーンからチョイス | 大人の高級な趣味は、セカンドライフの楽しみトップへ | パワーストーンの組み合わせは?>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。