大人の高級な趣味は、セカンドライフの楽しみ > パワーストーン > パワーストーンのスピリチュアルが人気

パワーストーン

パワーストーンのスピリチュアルが人気

不安な時代が続いているので、スピリチュアル的なテレビ番組がとても視聴率が高いですね。

辛口な評価をされる細木数子さんやスピリチュアルの魁とも言える江原啓之さん、いろいろな方がテレビ番組に出演されて、大変人気を博してますが、パワーストーン(Power stone)も、スピリチュアルなものとして大変注目を浴びています。

パワーストーン(Power stone)とは、特殊な力が宿っていると信じられている石のことを指すのですが、古より、人々は、天然石や鉱物をパワーストーン(Power stone)として信じ、生活の中に様々な形で取り入れて用いて来たのです。

古代文明の多くで、儀式や地位を象徴する装飾品、武器、さらには治療薬としても使われていたようです。

ある国においては、死者の霊が無事に来世に辿り着くようにとパワーストーン(Power stone)に願いを込めて、墓での副葬品としても用いられていたようです。

日本においても、邪馬台国の時代くらいから、石や岩は神霊の宿る標識とみなされ、「ひすい」、「めのう」などで作られた勾玉は、権力の象徴や護符として用いられていました。

古墳の中からの出土品には、「ひすい」、「めのう」などで作られた勾玉がたくさんあります。

近年、水晶による癒しの効果がアメリカで注目され、広がったことにより、パワーストーンの効果に注目が集まるようになりました。

1980年代後期から1990年代前期にかけて、日本にもこの効果が伝わり、パワーストーンブームが起こりましたが、現在においてもスピリチュアル的なアクセサリーとして、水晶以外の石も注目されていますね。

また、パワーストーンをスポーツ選手などの著名人が身につけていたり、テレビ番組や書籍が影響したりして、パワーストーンの力は広く信じられていることは、注目すべきことでしょう。

ゲルマニウムのブレスレットが一時期流行しましたが、これもパワーストーンの一種といえると思います。

最近では、ヨーロッパ諸国を中心に、石の持つエネルギーを利用して人間を取り巻くエネルギーの波動を整え、心と体の調子を整えようとする代替医療の研究も盛んに行われているようです。

スピリチュアル的な「パワーストーン」を真剣に捉えているところが、ヨーロッパ諸国がキリスト教国家であることを示しているように思います。

なお、「パワーストーン」という言葉は、和製英語なので、外国では通じません。

日本で言うところの「パワーストーン」と呼ばれる石は、英語では水晶を意味するCrystalや宝石一般を意味するGemstoneと表わされるので、外国で「パワーストーン」を求める時は、Gemstoneと言いましょう。

日本ではこのパワーストーンを、オシャレの一つとして捉えて、老若男女を問わず、ブレスレットにしている人がとても多いです。

私がオススメしたいパワーストーンは、ブラックルチルブレスです。

<<陶芸の材料の種類は、本当にたくさんあります | 大人の高級な趣味は、セカンドライフの楽しみトップへ | ベトナムで流行している妖艶なベリーダンス>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。