大人の高級な趣味は、セカンドライフの楽しみ > 陶芸 > 陶芸の材料の種類は、本当にたくさんあります

陶芸

陶芸の材料の種類は、本当にたくさんあります

陶芸でまず重要なものと言えば、原材料である土だと言え人は、陶芸を良く知っている方ですね。

一口に土と言いましても、その種類は本当に様々あり、用途に合わせて選ぶには、それなりの経験や技術が必要になるのです。

それで、陶芸の材料として使われる練り土ですが、白練り土・赤練り土があります。

色で選んだり、粘土分が多くて扱いやすいもの、薪窯用、荒土等々あり、陶芸でどんなものを作るかによって、練り土を選ぶには、かなりの経験が必要となるのです。

たとえば、志野土手ろくろ用、志野黄色基礎土は、混合用基礎土として使われています。

志野白色基礎土も、混合用基礎土として使われていて、焼き締りが良いようです。

また、信楽白基礎土、信楽グレイ基礎土、信楽赤基礎土、信楽黒基礎土なども、基礎土として良いです。

鋳込み土・ビスクドール土、食器用土、化粧土、これらは板状に良いのです。

鋳込み泥製造よう、つち練機をとおして業務用に使用されます。

カリオン、耐火度調整剤、陶土用分散剤、石膏なども必要になります。

また、透明基礎釉薬、還元用、酸化用、釉薬を調合する為の原料・化学薬品、合成灰・天然灰・抗菌剤、釉薬撥水剤・釉薬抜き剤、釉薬硬化剤、水濡れ防止剤、釉薬垂れ防止、絵の具増粘剤、下絵用高温絵の具、色土用還元高温絵の具、色土用酸化高温絵の具、下絵転写紙、上絵の具、低鉛、有鉛和絵の具、メタリックカラー、金液、ラスター、イングレイズ、エスバニア顔料、溶剤、フラックス、筆、等々あります。

これら陶芸の材料を専門店に問い合わせると、その種類は本当にたくさんあり、ここで紹介するにはとても難しいほどの種類があり、その用途も多種多様にあります。

また、陶芸の材料は初心者向きのものから、専門家、業者向けのものまで多種多様にあります。

どのように陶芸を楽しむかの目的を明確にすることで、陶芸の材料も決まってくると言えます。

もし、陶芸を楽しむ目的がはっきりとしていないのであれば、専門家のアドバイスをいろいろと聞いてみることが一番良いことだとは思います。

<<様々にある陶芸用品 | 大人の高級な趣味は、セカンドライフの楽しみトップへ | パワーストーンのスピリチュアルが人気>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。