大人の高級な趣味は、セカンドライフの楽しみ > 陶芸 > 七輪陶芸で陶芸家の仲間入り!

陶芸

七輪陶芸で陶芸家の仲間入り!

自宅で陶芸ができるとなると、何か自分が陶芸家にでもなったような気分になり、楽しくなって来ます。

今、陶芸を趣味とする人が本当に多くなっています。

陶芸というのは、やはり、山奥で1人籠もってもくもくと土と格闘すると言うイメージがありますが、自宅でできるとなるとオシャレな感じがとてもします。

一口に自宅で陶芸をすると言いましても、自宅用の陶芸窯にはさまざまな種類があります。

大きく分けて電気・灯油・ガス・薪・炭 使う用途によって異なるので、間違ったものを購入しないように気をつけなければなりません。

それでは、細かく見ていくことにしましょう。

まず電気には、小型電気釜・中型電気釜・大型電気窯横扉式・大型電気窯上扉式。

灯油には、小型灯油窯・中型灯油窯・大型灯油窯。

ガスには、プロパンガス窯・都市ガス窯。

一般的には、電気窯が多いようですが、本格的な雰囲気を味わうなら七輪陶芸というものもあります。

七輪陶芸について、いくらかご紹介します。

七輪陶芸をするのには、まずは七輪が必要となりますが、DIYショップなどで市販されている一般的な丸いもの十分です。

金属製の七輪は止めておいた方がよいでしょう。

七輪陶芸において、炭の燃える温度が1300℃以上になりますので、材質は一般的な珪藻土である方が良いです。

次に、七輪の中に入っているもので、炭が下まで落ちないようにしているすのこ状のものがありますが、これは予備を用意しておくと良いでしょう。

高温になると割れてしまうことがあるからです。

炭は一般的なもので十分に使えます。

火ばさみがあると、陶器の焼き具合を見たり、炭を七輪の中に入れる時などに便利で安心です。

七輪陶芸のポイントとしまして、炭が燃えて火の温度の上昇が早いと失敗しますので、注意が必要です。

また、直接、陶器を火に当てたりすると割れる原因にもなるので、気をつけましょう。

ちょっと味気ないですが、フライパンなどを使って、陶器を焼くという方法もあります。

温度が上昇してきた陶器を、徐々に火に近づけるために金網を使うと言うのも便利かと思います。

そして、素焼きの時にアルミホイルで包んで焼くというのも良い方法でしょう。

陶器を焼く時の難しい点は、温度の急激な変化に陶器が耐えられなくなり、割れたり、ひびが入ったりなどがあるということです。

また、七輪の火の温度を高める為に、ドライヤーで送風してやりますと、1300℃を超える温度になるので、これもポイントでしょう。

七輪窯なら2,000円くらいからありますので、一番手軽に自宅窯をもてます。

七輪陶芸、一度試してみると病み付きになる面白さがあります。

あなたは、どんな自宅窯を持ちますか?

七輪陶芸に関して、もっと知りたい人はこちらの本はいかがでしょうか?
さらに、七輪陶芸の楽しみが分かっていただけるかと思います。

<<陶芸の通信講座は繰り返し学べるので、集中してできます | 大人の高級な趣味は、セカンドライフの楽しみトップへ | 様々にある陶芸用品>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。