大人の高級な趣味は、セカンドライフの楽しみ > プリザーブドフラワー > プリザーブドフラワーは生花を長く楽しめます

プリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーは生花を長く楽しめます

プリザーブドフラワーという、お花の楽しみ方を知っていますか?
まるで、生花と同じように生き生きとしていて、長期に飾っておけると言う点で、中高年の趣味として流行となりつつあります。

日本ではあまり馴染みがないことから、「ブリザードフラワー」と誤解される方が多い様ですが、正式には「プリザーブドフラワー」と言いまして、プリザーブ(preserve)「保存する」という意味から来ている名称です。

美しい花の姿をいつまでも保つことで、押し花やドライフラワーなどで楽しむ人は多いですね。
そういった楽しみを推し進める為に、フランスのヴェルモント社はブリュッセル大学とベルリン大学との10年間にわたる共同研究の末、1991年にプリザーブドフラワーを完成させて、世界特許認定を取得するに至りました。

このプリザーブドフラワーはどんなものかと言いますと、花が1番美しく咲いている状態の時に刈り取って、すぐに樹液を取り除き脱水します。

脱水するのにメタノール・エタノールなどの低級アルコールを主成分とする液を用いて、脱色するようにします。

オーガニック系の染料で着色させた後に乾燥させ、続けてグリセリンや高級エーテルなど、不揮発性で安全性の高い有機溶剤を数日間、吸わせるようにします。

このように多少の手間隙をかけることで、ドライフラワーと違いまして、グリセリンの成分の効果で花自体にやわらかさがいつまでも残りますので、新鮮な花と見間違えるほどに自然に仕上がるのです。

プリザーブドフラワーの長所としましては、保存状態が良ければ10年以上保存できること、自然界には無い色合いを創りだせること、生花と違って花粉アレルギーの心配が無い点などや、水を与える必要もないという点などが上げられます。

注意しなくてはならない点としては、水気の多い湿気のある所に置かないこと、直射日光や紫外線にあて過ぎると褪色の原因となること、エアコンやヒーターなど、乾燥は花びらのひび割れの原因となることなどが、あげられます。

現在、プリザーブドフラワーの製品化しているのはバラがメインですが、ラン、ユリ、チューリップ、ひまわりなども製品化に向けて開発中しているようなので、今後更に期待が持てます。

花の美しさを生き生きと保存して、長く楽しみたいと言う方は多いと思います。
そのような方に、プリザーブドフラワーはうってつけではないでしょうか?
押し花とは違った楽しみに溢れていると思います。

<<ビスクドールを自分で作ってみませんか? | 大人の高級な趣味は、セカンドライフの楽しみトップへ | 陶芸の魅力は、実際に土に触れて見ること>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。