大人の高級な趣味は、セカンドライフの楽しみ > ビスクドール > ビスクドールは、おもちゃと言うより芸術品

ビスクドール

ビスクドールは、おもちゃと言うより芸術品

中高年の大人の趣味として、ビスクドールの収集が流行っているようです。
ビスクドールと言う言葉は、あまり聞いたことがない言葉ですが、骨董的な意味合いの深い人形のようで、また、アニメ「ローゼンメイデン」の題材となっていることもあり、若者の間でも人気があるようです。

ところで、「ビスクドール」とは、アンティークドールとも呼ばれ、元は19世紀にヨーロッパのブルジョア階級の人たちの間で流行した人形なのだそうです。

「ビスク」とはフランス語で「2度焼き」という意味を持っています。
人形の頭部、場合によっては、手や全身の材質が2度焼きされた素焼きの磁器製だったことから、その名をビスクドールという呼び名になったそうです。

ビスクドールが登場するまでの人形と言うのは、ロウ人形や洋服の宣伝用に作られたファッションドールがメインでもありました。

人形職人がいろいろと試行錯誤して、おがくずや粘土など材料にして、ニカワや樹脂などで固めるという手法で作られたコンポジションドールを経て、ビスクドールが誕生したのだそうです。

19世紀にビスクドールが流行したのは、顔や手足を陶磁器で作ることによる、人形の暖かみと透明感のある健康的な肌を表現したことが、当時のブルジョア階級に好まれたようです。

アンティークドールは1840年から1880年の間に子供にも大人気で大量生産され、一般の子供用玩具としても広く販売されました。
そして、19世紀末から20世紀始めには「ジュモー」「ブリュ」など、フランスのビスクドール工房は黄金時代を迎え、多くの素晴らしいビスクドールが作られました。

このビスクドールの製作はきわめて職人的な高度な手仕事であり、贅沢な材料を多く使用していましたので、その後に登場したゴム、セルロイドやビニール製などのより安価な材料による、人形の量産化に追いつくことができず、急激に姿を消して行くようになりました。

その短い期間に、贅沢な材料で作られたビスクドールは今でも人気が高く、希少性も高いです。
中でもドイツ産の人形は「幻の人形」とも言われていて、骨董的価値、美術性、希少性にオークションにおいてもかなりの高値がつくなどして、現在でもコレクターの間で探し求められています。

一度、ビスクドールを見るとその可愛らしさや素晴らしさに、心奪われてしまいます。
人形としての温かみは、ビスクドールならではないでしょうか?

中高年の趣味として、ビスクドールが注目されるのもうなずけます。

<<ハワイアンキルトは、南国の和みのデザイン | 大人の高級な趣味は、セカンドライフの楽しみトップへ | ビスクドールを自分で作ってみませんか?>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。