大人の高級な趣味は、セカンドライフの楽しみ > ハワイアンキルト > ハワイアンキルトは、南国の和みのデザイン

ハワイアンキルト

ハワイアンキルトは、南国の和みのデザイン

中高年の趣味として、とても流行っているのがハワイアンキルトですが、この作り方は、普通のアップリケにはない、優しさに満ちたデザインのものが多いです。
そのハワイアンキルトの作り方を少し調べてみました。

ハワイアンキルトは、一般的に幾何学模様のアップリケにウエイブしたものです。
アップリケの回りからさざ波の2〜3mm幅に縫い目模様があるものを言います。

19世紀の初め頃に、ヨーロッパからやってきたキリスト教宣教師の妻達が、原住民に教え広めたものがハワイアンキルトなのです。
そのデザインとしては、木陰に干してあった白いシーツにレフアの木の葉が透けて見えて、その美しさをキルトに表したという言い伝えがあります。

伝えられた当時は、白い布地に色のついた布地を乗せて作られていましたが、現在では様々な組み合わせで作られるようになっています。

土台となる布はキルト芯を使っていて、土台布に花や木などの形(モチーフ)の布を縫いつけるのですが、このときキルト芯と裏布も一緒に縫い合わせるところが、一つの特徴です。

このような縫製で、ハワイアンキルトは、キルト芯を含めても最低3枚の布を1度に縫い合わせる方法を取っています。
また、その布地の素材は綿100%の適度に薄い生地が適しているのだそうです。

縫製の際に気をつけなければならないのは、縫い合わせの「ズレ」なのだそうです。

ハワイアンキルトの縫い方の作業工程には、モチーフのきわを縫って行く「落としキルト」、モチーフの中に模様を作る「モチーフ内キルト」そして外側を飾る「ウエーブキルティング」と、キルティングの作業の工程で違った呼び名があるのだそうです。

縫い方としては3つとも全く同じであり、縫い目間隔が2〜3ミリとなっているのが、また一つの特徴です。

ハワイアンキルトの大きな特徴である「ウエーブ」は、水面に花を落としたときに出来る波紋のような形にキルティングしているものを言います。

最後の作業として、バイヤステープをたてまつりで止めて仕上げることになります。

ハワイアンキルトのやわらかなデザインは、今、中高年の方を惹き付けていて、ハワイアンキルトを縫製するのを趣味としている人が大変増えてきています。
南国の雰囲気を醸し出すハワイアンキルトは、本当に和みますね。

<<ハワイアンキルトは独特のデザイン | 大人の高級な趣味は、セカンドライフの楽しみトップへ | ビスクドールは、おもちゃと言うより芸術品>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。