大人の高級な趣味は、セカンドライフの楽しみ > ハワイアンキルト > ハワイアンキルトは独特のデザイン

ハワイアンキルト

ハワイアンキルトは独特のデザイン

最近、中高年の趣味の一つとして、ハワイアンキルトの縫い物を習う人が増えてきているようです。
ハワイアンキルトについて幾つか調べてみましたので、これから趣味として楽しんでみたいと言う人の参考になれば幸いかと思います。

ハワイアンキルトとは、一般的に幾何学模様のアップリケにウエイブしたもの(アップリケからさざなみのように出ている模様)が2〜3mm幅に縫いこまれたキルトで、ハワイ王朝の王や女王がお気に入りだったデザインであたり、王朝の家紋のようなカヒリも、ハワイアンキルトの代表的なデザインとなっています。

その歴史は、1820年頃に西洋のキリスト教宣教師がハワイに上陸した際、その妻達によって裁縫の技術を原住民に教えたことが始まりとなっています。

洋服の裁縫以外にも家の中で使う飾りの布地にもデザインとして縫いこまれたキルトが作られるようになり、ベッドに使われるシーツなどの布地に大きなデザインとしてアップリケしたものが「ハワイアンキルト」の誕生であると言われています。

アメリカのパッチワークキルトのように余り生地を縫い合わせる手法とは違い、ハワイにおいては大きなモチーフをメインにして、布地をふんだんに使うのが特徴となっています。

ハワイアンキルトのデザインの題材としては、パンの木やグァバ、やしの木やハイビスカス、プルメリアなどハワイに生息する植物などが多く、そのモチーフのひとつひとつに意味があると言われております。

ハワイ王朝の象徴とされる鳥の羽飾りがついたポールは「カヒリ」と言いますが、王家のロイヤルカラーである赤と黄色のハワイアンキルトは、今でも大変に貴重にされていて、ハワイアンキルトの代表的なデザインにもなっているのです。

また、非常に珍しいこととしまして、ハワイアンキルトの作者が亡くなった時、その人が作ったキルトは全て焼却しなければならないという、ハワイアンキルト独特の伝統はデザインを大切にしていることを象徴していると思います。

この伝統の理由は、キルトに「マナ」(生命)が宿っているとされているからなのだそうです。

本人が残して欲しいと約束していたもの以外、すべて焼却されるために、現存している古いハワイアンキルトはとても貴重な作品であり、ハワイの美術館で大切に展示されているハワイアンキルトの作品もあります。

ハワイアンキルトは、キルト独自のやわらかさが、そのデザインの題材とマッチしていて、中高年の趣味として好まれているようです。
ハワイアンキルトの教室も多数ありますので、通われて見るのもいかがでしょうか?

<<ベリーダンスはフィットネスとして人気急上昇 | 大人の高級な趣味は、セカンドライフの楽しみトップへ | ハワイアンキルトは、南国の和みのデザイン>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。