大人の高級な趣味は、セカンドライフの楽しみ > 民俗音楽 種類 > アフリカの伝統的打楽器ジャンベ

民俗音楽 種類

アフリカの伝統的打楽器ジャンベ

ジャンベ」と言う打楽器を知っていますか?
「ジャンベ」とは、アフリカの打楽器の一つでもあり、最近中高年の趣味で、民俗音楽がブームとなっているのですが、その中高年の皆さんが注目している楽器の一つでもあります。

主にマリンケ族やバンバラ族など、ギニア共和国を含む西アフリカに住んでいる民族の伝統打楽器なのだそうです。

「ジェンベ」とか「ジンベ」などとも呼ばれていて、親しみのある楽器です。

「ジェンベ」と言う打楽器なのですが、胴体は深く木をくりぬいていて、主に山羊の皮が張られている片面太鼓の形をしています。
更に、胴の上部は丸みをおびて、中央がくびれたゴブレット形をしています。

胴体には様々な模様、綺麗な装飾がほどこしてあり、アフリカの代表的な民族楽器の「ジャンベ」としてだけでなく、インテリア装飾品として置かれていたりします。
民族家具店や輸入雑貨店などでもよく目にする楽器なので、もしかしたら見かけたことがあるかも知れません。

「ジャンベ」の音色なのですが、深い低音とともに非常に高い音を出すことができます。また、1つの打面で3つの音を出せる打楽器で、アフリカのサバンナのような気温が高く乾燥した環境ですと、更によりよい音が出せるのだそうです。

現在、音楽家の間でもそうですが、パーカッション楽器として世界的に人気の高い打楽器のひとつとなっています。
コンガやスティールドラムなどと並んで、年々愛好者が増えて来ているそうで。

アフリカの民族の間では、「ジャンベ」は古くから人や自然とコミュニケーションをするための楽器として愛され、親しまれてきました。

演奏されるにおいても、各地域のお祭りや伝統儀式に使われるためであって、「ジャンベ」のリズムや共に踊られるダンスにもそれぞれ意味があるようです。
そして、演奏される目的や場所、時刻も限定され楽曲も決まっているのだそうです。

例えば、祭司階級をたたえるリズムであったり、強く勇敢な男たちをたたえて演奏されるリズムなどが、その代表的なものと言えます。
また、中には畑を耕すときに演奏されるものなどもあり、限定されているとは言え様々あります。

アフリカの伝統的な打楽器は、装飾品としても使われていて、とても興味が湧きますね。中高年の皆さんが、自分の余暇をうまく使って、趣味の一つとして、民俗音楽を楽しむと言うのは、結構お洒落な感じがしまて良いと思います。

<<ラテンアメリカの民俗音楽「フォルクローレ」 | 大人の高級な趣味は、セカンドライフの楽しみトップへ | 中高年の趣味でフラダンスが人気です>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。