大人の高級な趣味は、セカンドライフの楽しみ > 民俗音楽 種類 > ラテンアメリカの民俗音楽「フォルクローレ」

民俗音楽 種類

ラテンアメリカの民俗音楽「フォルクローレ」

最近、中高年の方が民俗音楽を趣味とされる方が増えているのだそうですが、民俗音楽と一口に言っても様々あります。
例えば、ラテンアメリカの民俗音楽とはどんなものでしょうか?

ラテンアメリカの民俗音楽といえば、「コンドルは飛んでいく」が代表的なメロディーで、ラテンアメリカの民俗音楽は馴染みの深いものがあると思います。
ラテンアメリカの民俗音楽のことを「フォルクローレ」と総称されていますが、アンデスやチリなど南米のラテンアメリカ各地の音楽のことです。

南米といっても広いので、地方によっては更に黒人の音楽的要素も加わっているものもあるそうです。

「フォルクローレ」は、元はスペイン系の伝統音楽がベースとなっていて、1950年頃に確立した比較的新しい民族音楽なのです。

「フォルクローレ」では「ケーナ」という笛がインカ時代から使われていて、現在知られている最も古い楽器の1つでもあり、その最古の楽器という点でも有名です。

ケーナという言葉は聞いたことがあるかと思うのですが、ケーナはペルーや、ボリビア、エクアドル、アルゼンチンなどの南米だけではなく、その神秘的な音色は世界中で大変に愛されていて、世界各地で演奏もされている楽器なのです。

民族音楽「フォルクローレ」や、楽器の「ケーナ」は、もしかしたら聞いた事のない単語かもしれません。
しかし、「コンドルは飛んでいく」という楽曲なら、誰でも耳にしたことはあると思います。
「ケーナ」は、「コンドルは飛んでいく」という楽曲のなかで使われている楽器なのです。

「ケーナ」という言葉は、インカ時代のケチュア語なのだそうです。楽器から出る音を真似た「que(け)」と、音を出す動作を表す「najj(な)」が由来となっている名前なのだそうです。

古代においては、ケーナは竹や葦で作られることが多かったそうです。
その他の素材しては、コンドル、ペリカン、鹿の脛骨、そして時には人間の脚の骨も用いられていたそうです。
人間の脚の骨も楽器にしてしまうと言うのは、少し怖い感じもしますね。

時代が進むにつれて、骨の類から、金属、石、素焼き、ひょうたんを細長く変形させたものと変化して、色々なものが素材として用いられるようになったそうです。

古代のケーナの大きさについてですが、7〜8センチのものから48〜50センチのものまで様々あります。
前面に3〜7個、そして後ろ側には1個の指穴を持つものが多いそうです。

中には、後ろ側には穴があいていないものもあったりして、大きさもさることながら種類もたくさんあり、ケーナの音色の豊富さはこんなところから来ているのかもしれません。

ラテンアメリカの民俗音楽の「フォルクローレ」をケーナで聞くと、その音色のよさにと、しみじみとした味わいに、ファンになる方が多いそうです。
特に、中高年の方々がラテンアメリカの民俗音楽の「フォルクローレ」を見直して、趣味とされる方が多いのだそうです。

<<民俗音楽のガムランミュージックが、密かにブームです | 大人の高級な趣味は、セカンドライフの楽しみトップへ | アフリカの伝統的打楽器ジャンベ>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。