大人の高級な趣味は、セカンドライフの楽しみ > 民俗音楽 種類 > 民俗音楽のガムランミュージックが、密かにブームです

民俗音楽 種類

民俗音楽のガムランミュージックが、密かにブームです

中高年の間で密かにブームになっているのは、民俗音楽が親しみの湧く音楽だからだそうです。
中高年の方にとって、最近のポップスなどは苦手だが、民俗音楽は、お祭りなどでの太鼓や拍子で小さい頃何度も聞いたことがあり、懐かしさが感じられ、親しみやすい音楽と言えるでしょう。

「民族音楽」というものは、その土地に住んでいる人たちが独自に造り、伝承してきた音楽のことであり、詩の内容や、曲のメロディは一般に簡素で、素朴であるのが特徴なので、地方から都会に出てきた中高年の方には、馴染みやすいと言えますね。

民俗音楽の種類としては、主に支配者や神々に奉上される地域の祭りや、労働の際に歌われる伝統的音楽が多いです。
それらの祭りや労働の音楽以外の種類としては、「子供の音楽」「遊戯の音楽」「子守唄」「恋愛や結婚に関するもの」「戦争や軍事に関するもの」「労働や商売に関するもの」「物語のもの」「ダンスに関するもの」と言ったように、様々な内容の種類になっています。

世界の民俗音楽を眺めて見ますと、インドネシアのバリ島の民俗音楽である「ガムランミュージック」は、日本で言えばちょうど純邦楽に値するような古典芸能にあたり、宮廷を中心に発達した、ゆったりとした演奏が特徴であり、人気を集めています。

「ガムランミュージック」の「ガムル(たたく、つかむ、あやつる)」とは、動詞の名詞形で、その名の通り、叩(たた)いて音を出す金属打楽器を指しています。

バリ島のホテルやレストランにいったことのある人なら、誰でも一度は耳にした事のあるガムランの音色。
緩やかでのんびりと身体に響き、癒される音色はとても心地よいものですね。
ガムランの音色には、リラクッス効果のあるα派を放出させる高周波が流れているらしく、科学的にも立証されているのだそうです。

「ガムランミュージック」に使われるガムランボールは、軽く振ると「シャララン」と不思議な音を奏でて、これまたリラックスさせてくれますね。
また、100人からの肉声による「ケチャ」といわれる呪術的踊りを伴う男性コーラスも大変独特ですし、「スマル・プグリンガン」と呼ばれる竹笛を青銅製に転用したものも不思議な音色を出します。

インドネシアの魂の叫び「ガムランミュージック」には本当に圧倒されます。

世界の民俗音楽は、まさに音色の宝庫と言えます。
最近の若い音楽に馴染めない方にとって、この民俗音楽は、心癒やす不思議な力があり、密かなブームになっている理由も分かるような気がします。

<<中高年層に人気の民俗音楽 | 大人の高級な趣味は、セカンドライフの楽しみトップへ | ラテンアメリカの民俗音楽「フォルクローレ」>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。