パワーストーン

パワーストーンは貴方・貴女との相性が大切

世の中、裏と表、縦と横、などといったどちらか一方の表現があれば、それに対して反対の表現をすることで、バランスをとっています。

それと同じように、パワーストーンにも、同様にバランスを取るようになっています。

例えば、アメジストには、精神を安定させて気分を鎮めるなどリラックスの効果があるようです。


一方、シトリンには、太陽の輝きを閉じ込めたカラーでもって、前向きな気持ちにさせ、明るい気分で毎日を過ごせるようになる黄水晶です。


一見別な感じがしますが、気分、気持ちと言う観点からしますと、「鎮める」「高める」の反対の効果を持っていることが分かります。

では、アメジストとシリトリを併せ持つような組み合わせが良くないのかといいますと、そうでもないですね。


全くの正反対のパワーストーンを組み合わせて持つのは良くないと言う方もいらっしゃるようですが、全体で見ると、パワーストーン同士の相性が悪いというのは、極々稀ですね。

パワーストーンのエネルギーというのは、持つ人の幸せを願い、その実現に力を貸すという純粋なエネルギーです。

争うとか、いがみ合うと言った、感情のエネルギーではないです。

作用、反作用的なエネルギーではないです。

人間関係ならば、確かに、ある人が嫌いと言う誰かを、他の人は好きと言うことも十分あります。

自分と気が合わない人でも、他の人なら気が合うといったことはあります。

パワーストーンも同じで、持ち主とパワーストーンの相性というのはあります。

ある人にとってはよい組み合わせでも、他の人には悪い組み合わせというような感じなことです。

数種類のパワーストーンを同時に持って変な感じがするとか、嫌なことが起きたりしたら、その組み合わせは、貴女・貴方にとって合っていないということになりますね。

逆に、毎日快適となるようでしたら、貴女・貴方にとって合っていると判断できますね。

大切なのは、パワーストーン同士の相性よりも、パワーストーンと貴女・貴方との相性を気にすることです。

それと、周りがいくら良いと言ったからといって、好きではないパワーストーンを持ち歩き、パワーストーンに対する愛着が湧かないような時は、そのパワーストーンを手放すことをお勧めします。

そのような場合、パワーストーンが本来持っているパワーは台無し、かえって悪い相性が生み出されるからです。

人間同様、一つひとつが個性を持つパワーストーンとの相性は、「ある」ともいえるし「ない」ともいえます。

パワーストーンを持つ人の感受性次第で、変わるということです。

安いパワーストーンもあれば、とてつもなく高額なものまで様々で、組み合わせも幾通りもあります。

そのパワーストーンがどんな力を持っているのかと言うことと、自分がどうしたいのかということにマッチしているのかを知り、最終的に自分の感性に合うものを選ぶことが大切ですね。

パワーストーン

本物の架橋石(ルチル)は貴方の運勢を変える

デパートやスーパーなどの先で、最近、特にパワーストーンを出店のようにして販売している方をよく見かけます。

商店街などの市や祭りでも、パワーストーンを販売している人は見かけます。

売れているかどうかは、よく分かりません。

しかし、富士山の麓にあるなるさわ富士山博物館に入った時、本当にたくさんの人がパワーストーンを眺め求める方がいらっしゃいました。

なるさわ富士山博物館サイト
http://www.eigado-group.com/store/narusawa/museum/index.html

昨今の日本の社会情勢がそうしているとも言える感は否めないですが、何かそういった目には見えないけれど確かに存在する力(パワー)に頼ることは、全く否定する必要はないですね。

むしろ、上手く利用するものですよね。

ただ、問題なのは、そのパワーストーンがどれ程の物かということなのです。

値段にピンからキリまであり、果たしてそれ相応のパワーが発生するのだろうか?

何せ眼に見えないのですから、最終的には自分の感に頼る所が多くなります。

ならば、いろいろな方々の証言が証明するパワーストーンならどうでしょうか?

自分の感はいまひとつだけれど、沢山の皆さんが確かなものだと証言するなら、、、

このパワーストーンならと思うのが、全ての財運を引き寄せる華僑の石と言う本物ルチアを販売しているサイトです。

このサイトで紹介しているルチア、間違いと直感が走りました。

ネットで販売しているパワーストーンの中には、全ての財運を引き寄せる華僑の石と同じくらいの値段のものは見かけますが、沢山の証言を貰っているサイトは、こちらだと思います。

一度、覗いてみてください、覗くだけなら無料です。

持てるものは更に持ち、持っていないものはますます失う。

そんな時代なのかもしれません。

パワーストーン

パワーストーンの組み合わせは?

沢山の種類があるパワーストーンですが、それぞれ意味や効果があります。

欲深な私としましては、あれもこれもそれも効果があると嬉しいなと思います。

単純に考えたら、色々な力を発揮するパワーストーンを、複数組み合わせたら良いだろうと思います。

ちょっと待って下さい。

不思議な力を持つパワーストーンですから、複数組み合わせるのって大丈夫だろうか?

「複数の石を組み合わせると、石同士のパワーで喧嘩したり相殺されないだろうか?」

「この組み合わせのほうが、石のパワーがより発揮できるのでは?」

などといった疑問が湧いてきます。

複数の石を組み合わせる場合について少し調べてみました。

パワーストーンの代表的な水晶(クリスタルクォーツ)には、色々な力を調和の方向に導く力があるのだそうです。

水晶をベースにして、他のパワーストーンを組み合わせるならば、相殺したり喧嘩が起きなくて良いとする考えがあるようです。

基本はそうらしいのですが、実は石の組み合わせに関していえば、万人に共通するものは無いようなのです。

ある研究者にしてみますと「よくない」とする石の組み合わせが、別の研究者では「パワーを増幅させる」と述べるなど、定まっていません。

理由は、一つには研究者の主観とかその時々の状況で効果の出方が違うこと。

2つ目に石と石を持つ人との相性により、パワーストーンの効果の出方が大きく変わること。

この2点の理由から、どの見解も決定的な証拠と成り難いということです。

もし石同士で喧嘩が起きて問題となるならば、石を扱う店は成り立たないはずです。

店で働く人の健康が害されて、不愉快な生活を送らなければならず、多種多様のパワーストーンを扱うことができなくなります。

そんな店は実際にはありませんよね。

むしろパワーストーンを扱うお店は、増えているのではないでしょうか?

あなたが選んだ石の組み合わせで効果を感じたとするならば、その組み合わせがあなたにとって良いパワーストーンの組み合わせなのだということです。

仮に「占いの結果の組み合わせ」「本で良いとされている組み合わせ」だとしても、あなたの感覚にピンと来ないとするならば、その組み合わせは避けるのが賢明です。

パワーストーンの組み合わせ方のポイントは、他者の意見を鵜呑みにせずに、自分の感性と直感に従うことなのです。

パワーストーンの中には、男性系と女性系があるようですから、そういった点も考慮して楽しみながら組み合わせてみましょう。

パワーストーン

パワーストーンは浄化すると復活

パワーストーンと言いますと、何かしらのエネルギーをくれたり、幸運をもたらすことを考えますね。

ところが、それだけがパワーストーンの良い面ではないのです。

身に付けていますと負のエネルギーを吸収してくれるところなのです。

その負のエネルギーを更に放出するのが『浄化』です。

浄化の方法には幾つかありますので紹介します。

窓辺などで石に一晩ほど月光浴をさせる方法で、どのパワーストーンにも使えます。

月光浴させる際は、水晶のクラスターの上に置くようにします。

この方法は満月の時に行うのが一番です。

なぜなら特に満月の光が強力なエネルギーを与えるとされているからです。

また、自然乾燥させたホワイトセージの葉などのお香を立てて、煙を石に浴びさせるという方法もあります。

この方法も大抵の石に使えますが、長時間燻すと石が曇る場合がありますので注意が必要です。

午前中の太陽光を石に当てるという方法もとても簡単です。

陽の光が強ければ30分程度、弱ければ1〜3時間程度を当てると良いです。

この方法で気をつけなければいけないのは、石の劣化を早めるので最低限にしましょう。

アメジストやインカローズ等は、光に弱いので陽の光に当てる方法は向かないです。

細く流した流水に1〜3時間程度石をさらす方法。

容器に少量の自然塩と水を張り一日浸すと言った方法もあります。

ターコイズや琥珀等のパワーストーンは水に弱いので、水を使っての浄化は避けるべきでしょう。

いろいろな浄化方法でも、塩による浄化は最も強力な方法です。

容器に自然塩を敷いてその上に石を一晩置いておきます。

より強力に浄化したい場合は、自然塩を更に多めに敷いてその中に石を埋めて一日そのままにて置く方法です。

この方法は強力ですが、オパールなどの塩に弱い石には向かないです。

この他、石を布で包み土の中に埋めておく方法。

音叉・ヒーリングミュージックなどを石に聞かせて浄化するといった方法もあります。

それぞれ一長一短がありますが、石の特性を見極めて浄化しますとより良いでしょう。

通常、浄化をするのは購入当初にまず行い、その後は1〜2ヶ月に1度くらい行うようにしたら良いです。

その他では、あなたが必要だと思ったタイミングで行うのが良いです。

浄化も自分の感性で行うと、より愛着も湧くのではないでしょうか?

パワーストーン

たくさんの種類のパワーストーンからチョイス

パワーストーンと言いましても、その種類は本当にたくさんあり、何種類あるということは、はっきりしておりません。

インターネットで潜在意識と言う言葉で検索してみますと、潜在意識の力を高めるパワーストーンがあるのに驚きます。

そこで、どんなパワーストーンを選んだら良いかを考えた時、クリスタルバイブル水晶の全てがわかる大図鑑などで、調べながら選んでみるのも楽しいと思います。

パワーストーンを取り扱っているお店で、実際の石を見ながら選んでも良いですし、インターネットで検索しながら選んでもよいでしょう。

大体は、アイウエオ順・色別・効能別に分類され紹介されていますので、自分の願いを明確にして捜すと見つかりやすいです。

それぞれの石には、歴史や意味、伝承内容を持っていますので、それらを読みながら選ぶとまた楽しいでしょう。

パワーストーンとして古い歴史を持つターコイズを見てみましょう。

この石の産出地はエジプト。

由来は、トルコ経由でヨーロッパに運ばれたことでトルコ石とも呼ばれるようになったとあります。
一般的には、「成功」をもたらす効能があるとしてます。

面白い効能としまして、貰い主のことを心から想っている人から贈られると強い力を発揮する点があげられます。

インターネットで情報を入手しながら、興味のある石については、その歴史や意味を探ってみますと違った効能を発見できて楽しいことでしょう。

日本語で琥珀はアンバー、柘榴石はガーネット、紫水晶はアメジストなどの名称があるように、日本でも古くからパワーストーンを大切にしてきたことが分かります。

石の種類によって様々な意味や伝承、効能があり、知れば知るほど迷ってしまいます。

迷った時は、自分の直感を信じることが大切です。

パワーストーンは眼に見えない力なので、第六感とも言える直感に相対するとも言えるからです。

「おー綺麗!」「これ、いいな」と惹かれたパワーストーンが、今あなたにとって一番必要な石であることでしょう。

パワーストーン

カップルで持つパワーストーン

我が家においては、パワーストーン浄化の効果を願って、トイレに水晶の小粒を皿の上にまとめて置いたりしています。

風水の書籍にそのようにすると良いと載っていたのを見て、内の奥さんがそうしました。

浄化の効果のほどは良く分からないのですが、トイレと言うのは、汚れていたりすると気分が悪くなりますよね。

水晶のようなパワーストーンは、透き通った透明感に見ているだけでも気分がよくなったりするので、浄化のような効果があるように思います。

ところで、パワーストーンの中には、子宝に恵まれると言う効果を持ったものがあるのを知っていますか?

代表的なものとしましては、ムーンストーンとカーネリアンだそうです。

このパワーストーンなのですが、古くから命を育む力があるとされ、生殖機能に効果があり、安産・流産防止・不妊防止などにも良いとされています。

その他にも、女性らしさを高めたり、優しい魅力を高めるようなエネルギーの流れが発せられるのだそうです。

また、女性の守護石としてヒーリングの力を備えているとされ、どちらの石も暖かな女性向きの色合いを称えていて、持っているだけでも気持ちが落着きますね。

安産・長寿・健康に対して効果があるパワーストーンとしましては、アゲートという石があります。

この石も、古代からお守りとして大切に用いられていて、人気もあります。

その他のアゲートの効果としましては、気分が落ち込んだ時でも明るく元気な気持ちにさせてくれるとか、植物の成長を促したり、富と健康をもたらするなど、持っている人を危険から守るといった力もあり、とても素敵なパワーストーンです。

平和な気持ちに導き、愛情に恵まれるとされるアクアマリンも人気がありますね。

誰でもよく知っているサファイアは、聖なる愛を引き寄せ、相手の心変わりや浮気を封じ込めるパワーを持つと言われていますから、素敵な彼のいる人には特に良いです。

女性に幸運をもたらす石とされるガーネットも、子宝に恵まれるパワーストーンとして、人気を博しています。

また、子宝と聞くと大体は女性が身につけるものという印象だけが強いですが、パワーストーンの中には、男の魅力を引き出すものも存在します。

子宝に恵まれる為には、女性だけでなく、男性にもその効果が必要だと言えます。

男性向けの子宝の効果をもたらすことのできるパワーストーンとしては、「オニキス」が代表的だと言えます。

パワーストーンを自然に、おしゃれに活用するなら、ピアスやネックレスなどの装飾品が多いですが、最近は、携帯電話のストラップにする人も多いです。

男性ですと、ネクタイピンにしてみるのも気軽に出来て良いですし、スーツケースやかばんに御守としてつけておくのも、ファッション性に富んでいて、楽しめますね。

パワーストーン

パワーストーンの色、形、装飾による異なった力

パワーストーンの力は、風水の世界でも信じられているようで、擬似科学的だとかオカルトなどとさげすむには、少々一方的なような感じがします。

パワーストーンをただ置いて眺めているだけでも、心が落着くような感じになる人もいらっしゃるので、そこには未知なる自然が凝縮されているのかもしれない気がします。

パワーストーンの非常に面白いところは、石の種類が変わればもちろん効果も変わるのですが、同じ種類の石でも、が変わるとそのパワーも変わって来るところではないでしょうか?

例えば、原石には大自然の持つエネルギーがそのまま宿るとされています。

ピラミッド型の場合ですと、心身のバランスの安定をもたらします。

ハート型の場合は優しさや愛情運がアップします。

卵型であれば、生命の循環を象徴するといわれているのです。

同じ自然の山を見ていても、その形によって受ける印象が違うのと同じように効果が違うのと同じなように感じます。

また、色の場合で言いますと、白は霊性と直感力を磨きます。

黄色はコミュニケーション能力を活性化します。

グリーンは心身のバランスを取ります。

ピンクは生命力や恋愛運アップに効果を発揮する、といった効果があるとされます。

カラーによるヒーリングも兼ねているところが、パワーストーンの面白さがあるように思います。

アクセサリーとして変形させたりしたパワーストーンの場合では、身体のどの部分につけるかによって、その効果も違うようです。

ネックレスにした場合ですと、精神を安定させ活力を与え不幸から守ります。

イヤリングやピアスにした場合、冴えた直観力と冷静な判断をもたらす、といった効果があり、パワーストーンの不思議な力をあらためて感じさせます。

リングの場合ですと、右手の親指は困難を乗り越えられるとされています。

左手の親指につけた場合、人の上に立ち注目を浴びるとされていて、左右どちらのどの指にはめるかによって意味合いが変わるといのも非常に興味深いですよね。

ヨーロッパなどの西洋諸国では、バイブレーショナルメディスン(波動療法)という代替医療の研究が盛んなようですが、ある面、パワーストーンに共通するものがあるように思えます。

バイブレーショナルメディスン(波動療法)という代替医療を簡単に説明しますと、私達を取り巻くエネルギーが発する波動を調整し、心と身体のコンディションを整える治療法のことです。

それで、なぜパワーストーンに共通するものがあるかと言えば、この治療に用いられるのが、自然のエネルギーの凝縮体である自然石だからなのです。

西洋医学に自然の力が利用されている点は、科学が自然をより研究するところから発祥しているところを考えてみると、原点に戻るようで、とても自然な感じがします。

パワーストーン

金運アップのパワーストーンを身に付けましょう

手相を書いて金運アップと言うのが流行りましたが、昔から金運アップの為の開運グッズというのが、いろいろとありました。

例えば、黄色い財布などもその一つだったと思いますが、パワーストーンの中にもそのような力を持ち、効果を発揮するであろうと言うものがありますね。

金運をアップさせるための開運グッズがあれば、身に付けたいと思うのは最近の不況を考えますと、切実なものがあります。

パワーストーンの中でも、黄水晶とも呼ばれるシトリンなどは、よく知られていると思います。

このシトリンというパワーストーンは古来から、持ち主に富をもたらし商売繁栄のお守りとなる『幸運の石』とされてきていて、パワーストーンを収集を趣味としているような方なら、大概持っているものです。

その効果なのですが、成功を収めるために必要な気力と体力を安定させるので、商売や事業が良い方向へ向かうようにサポートする力があるとされます。

それで、商売・貯蓄のお守りとして、とても有名になったようなのです。

タイガーアイも金運アップのパワーストーンとして有名です。

その効果は、洞察力や決断力を養い成功へ導き、金運・仕事運を高める石として、名前だけは聞いた事があるという人は多いと思います。

トパーズは、それを身につけているだけで周りからの評価が上がるということで知られています。

あらゆる幸せを引き寄せて富と幸運をもたらすトパーズは、人気の高いパワーストーンでもあります。

ちょっと変わった感じのものとして、ルチルクォーツなどは、クリアな水晶の中に金色の線が入っているのが特徴で、この金線が「金銭」のイメージを髣髴させることから、金運のお守りとされているのです。

先にあげたものの他にも、アンバー、トルマリンなども金運を招くとされていて、人気がありますね。

金運を上昇させると言われているパワーストーンのほとんどのもので、仕事運や学業運も同時に高める効果があると言われていますので、いろんな意味においてパワーストーンを身につけることは良いと思います。

金運上昇を招くと言われるパワーストーンの他の効果として、石を持つ人の心を開かせて、パワーを開放させるようにさせるエネルギーの流れを持ってますので、気力が不足している人にも良いです。

パワーの開放は、本来のその人が持つ能力が発揮され、運気が高められるようになります。

運気が高まれば、仕事や学業でのよい変化となって現れますから、それにより金運の上昇へと繋がっていくのでしょう。

金運だけでなく、トータル的な運気を上げることが重要であり、あまり固執しすぎてもよい効果は現れないようです。

不思議なパワーストーンをインテリアや装飾品として楽しみながら、お部屋に置いたり身につけたりして見ましょう。

きっと、幸運が訪れることでしょう。

パワーストーン

パワーストーンの力を信じて開運

昔から石には不思議な力が備わっていると言います。

三種の神器といわれるものの中には、勾玉などと言って、宝石の一種である石があり、これもある意味、パワーストーンとも言えますね。

水晶などは、特にその代表的なパワーストーンだと思います。

宝石もそうですが、長い年月をかけて自然の力を吸収し、自然ので生み出されたものがパワーストーンです。

パワーストーンの効果は、大体、石と石を手にした人の双方に備わっているエネルギーが同調することにより、その力を十分に発揮するようです。

パワーストーンは、比較的安価な値段で手に入れられるものが多く、特別に何かをすることなく、見た目も美しく、馴染みやすい開運アイテムとして広く用いられているようです。

パワーストーンの効果としまして、金運アップ・開運・恋愛成就などから、人間関係を円滑にする・自信をつける・安らぎを得るものまで、様々な効果を発揮すると言われています。

石の種類が変われば、もちろん効果も違ってくるのですが、仮に同じ種類の石だとしても、形や色が変わりますと、そのパワーも不思議と変わって来るようです。

パワーストーンの不思議な力として、アクセサリーに姿を変えると、また別の効果が生まれて来るところも魅力があります。

人間の身体のツボや気の流れに、パワーストーンのエネルギーが刺激となるので、身体のどの部分につけるかが大きなポイントになります。

例えば、指にはめるリングで言えば、どの指にはめるのか、右手左手のどちらの指につけるかによっても、効果が変わるのですから、とても不思議です。

パワーストーンを選ぶときで最も大切なことと言えば、自分自身の周りによいエネルギーが流れていることと言えます。

自分自身のためにパワーストーンを選ぶとした場合、あなたが求めている力によって、石との縁を結ぶことになることを留意しましょう。

人のために石を選ぶとするならば、その人に幸せが訪れるよう願う気持ちがとても大切なのです。

そうすれば、必要な時に、必要な人のもとへ、必要なパワーストーンが運ばれることになるでしょう。

パワーストーンを販売しているお店に行きますと、どの石もスピリチュアル感たっぷりで、目移りしてしまいますね。

じっくりと、心の赴くままに選んで見ましょう。

まずは、パワーストーンの力を信じることから、、、

ベリーダンス 衣装 教室

ベトナムで流行している妖艶なベリーダンス

経済発展が著しい社会主義国家ベトナム

その首都ハノイで、ベリーダンスを楽しむ女性が、新しい自己表現の形として話題となっている。

ベリーダンスがハノイに伝わったのが2年前だと言うから、わずかな間で瞬く間に、ベトナム女性の心を捕らえたことになる。

ハノイには、6つの舞踏スクールが生まれ、1000人を超えるハノイ女性がレッスンを受けているようだが、ベリーダンススクールに通う女性は、学生、会社員、ジャーナリストから警察官と非常にさまざまであり、その広がりが伺える。

社会主義のベトナムにおいて、このように開放的なベリーダンスが流行するようになっていることは、社会の急速な変化を物語っているといえるだろう。

取材をきっかけにベリーダンスにはまったというジャーナリストのフォン・ジャンは、「ベリーダンスのおかげで、自信が高まり、ベリーダンスは、エロチックで刺激的で、日常とは別世界」だと笑顔で話す。

しかし、ベトナム人のすべてが、ベリーダンスを歓迎したわけはなく、ベリーダンスを踊る女性たちは、父親や夫やボーイフレンドに、ベリーダンスの魅力をしっかりと理解してもらう必要があったようだ。
 
大学でマーケティングを学ぶグエン・キュー・チンさんは、ベリーダンスを踊るために、ボーイフレンドを説得したようである。

露出度の多い外国映画や水着姿の美人コンテストなどには厳しい取り締まりをするベトナム政府、しかし、ベリーダンス・フェスティバルについては、理解を示し、ゴーサインを出した。

ベトナム政府のこの姿勢は、ベリーダンスを芸術と認めていて、ベトナムは本当に変わって来ていることの証明だろう。

  1 2 3 4  次の10件>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。